忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早速


GoogleKeep、さっそく使ってみました。そうそう!!!これこれ!!!。こういうメモがほしかったの~^^。嬉しい。うちにとってはGoogleKeepがベストかな♪。エバーノートは使っていないけど^^;(笑)。いや、エバーノートは使っていませんが、GoogleKeepのような機能を欲していたので、むしろ今のところ高機能なエバーノートは使わなくていいかなと思っているのです。ちょっとしたこと、忘れたくないことをチョロチョロとメモしたいだけなので、むしろGoogleKeepのようにシンプルなのがいいのです^^。あぁ、嬉しい♪。最近物忘れがひどくて・・・^^;。かといって荷物少ない派なので手帳や筆記用具持ち歩いていなくてすぐにメモができるわけではないですし・・・。しかしケータイ、スマートフォンは出かける時には必ず持って出かけますから、そのケータイやスマートフォンにすぐ入力できるというのはとてもありがたい機能で助かります^^。

各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可

退行催眠とは何か
退行 催眠

一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
PR

メガネ


アップルが腕時計型デバイスを開発しているという話題が上がっていましたが、次はメガネ型デバイスが開発されているとのことです。アップルではなく、グーグルです。あの、グーグルが開発していると言います。メガネ デバイスで検索エンジンから検索してみたのですが、ちょっと驚いたことが・・・。検索結果の一番上に表示されていたのは、2011年10月のニュースの記事でした。NECのメガネデバイス「テレスカウター」という商品の記事。なぜNECが2011年にこのテレスカウターを発売したときに話題にならなかったのだ・・・?。プロモーションが下手なのか・・・?。確かスマートフォンも日本のメーカーが開発していたような・・・?。どこのメーカーが忘れましたが。日本は発表のタイミングが悪すぎるのかプロモーションが下手なのか分かりませんが、いつもチャンスを逃しているのですね・・・。悔しいでしょうね・・・、開発に携わった日本のメーカーの人達は・・・。

ヒプノカウンセラーのサイト、池袋
池袋 カウンセリング

内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
Googleページランクの更新
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
Google SEOの価値

なに?!


毒女ニュースというサイトを見ていたら左から何か流れてきました(笑)。なんだ?!とよくよく見てみたら、オンライン広告・・・。新しいタイプのオンライン広告だったのでびっくりしましたよ。このオンライン広告は、パソコン画面の左から右に広告が動いてまたまた戻ってきて、画面の真ん中に戻ってきて表示されたままでした。おもしろいオンライン広告でしたね^^。このオンライン広告は、動いたり真ん中に表示されてはいますが、×印があるので、不要なオンライン広告だなと思ったら、その×印をクリックして画面上から消すことが出来ます^^。オンライン広告が表示されること自体別に悪いことではないと思っていますが、その広告を画面上から消すことの出来ないオンライン広告がたまにあるので、それはやめてほしいのです。表示されているオンライン広告に気になるものが表示されていれば、見る側が勝手にクリックします。見る側に選択させてほしいとオンライン広告に言いたいです。

賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法